MENU

デリカD5で車中泊を楽しもう!こんなアイテムでデリカD5も車中泊が快適に!!

デリカD5はアウトドアなどの悪路走破を得意とした車です。
ゆえにキャンプなどのアウトドアを行う際、車中泊もつきものです。
悪路走行を得意とするデリカD5ですが、はたして車中泊は快適に出来るのでしょうか?
今回はそんなデリカD5の車中泊などについて紹介していきます。

 

デリカD5は車中泊に向いているのか?

車中泊は何と言っても室内のスペースがある程度確保されていなければ快適とは言えません。
そこでこの車の室内のサイズを見てみますと、室長2915×室幅1505×室高1310mmと決して広くはありませんが、
それでもミニバンとしては一般的なサイズで、室幅も1500mmを超えているので、一般的な4、5人家族であれば
ゆったり寝れるだけのスペースは確保できるので、サイズ的には問題ありません。

 

ただ、D5のシート形状の特性上、シートを倒しても平らにならずボコボコ段差が出来てしまうのが実情で、
そのままでは快適に寝るということは難しいでしょう。

 

ではどのようにしたら快適に車中泊をすることが出来るのか?いくつかアイテムを紹介していきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

デリカD5で車中泊をより快適にする時アイテム【エアーマット】

D5は座席を倒したとき、シート形状の特性上、平らにならずに段差が出来てしまいます。
段差が出来ていると非常に寝づらいので、それを解消するためにエアーマットをシートの上に敷きます
そうすることでシートがフラットになり快適に寝ることが出来るのでとても便利です。
ちなみにエアーマットは5千円以内で購入することが出来るので、エアーマットなど用意しておくと良いでしょう。

 

デリカD5で車中泊をより快適にする時アイテム【サンシェード】

D5の後部座席がプライバシーガラスとなっているからと言って車内で灯りを点けると外から丸見えです。
そのようなプライバシーを守るという意味でもサンシェードは必須アイテムです。
また、プライバシーを守るだけではなく冬場の断熱性も高めてくれるのでしっかり用意しておきましょう。

 

 

車中泊をする際の注意点

@【換気】
就寝時、エンジンをつけたまま眠りについてしまうと排気ガスが車内に入り、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。
また、車内は気密性が高いので窓を完全に閉めきってしまうと酸欠となる可能性も考えられます。
特に冬季の場合、暖房を効かせたまま閉め切って寝てしまうのは非常に危険ですのでしっかり換気を行うようにしてください。

 

A【燃料】
普段ガソリンの給油の目安はEゾーンに達してから給油するというのが殆どかと思われますが、
車中泊する場合は車内で過ごす時間が多いので、常に満タンを意識するように心がけてください。
山奥や林道など、ガソリンスタンドがなかなか見つからないというケースも多々あります。
途中でガス欠となり、その場で立ち往生してしまわない為にも、燃料はこまめにチェックしておきましょう。

 

 

デリカD5の車中泊についてのまとめ

この車はもともとアウトドア向けに開発された車で、車中泊も問題なくむしろ向いていると考えて良いでしょう。
今後、この車で車中泊を計画している方はここで記述したことを参考に快適な車中泊を楽しんでください。

 

 

デリカD5値引きの為にやっておきたい2つのこと