MENU

デリカD5のローデストはココがすごい!?また通常のデリカD5とローデスト の違い!

デリカD5と言えば、「ミニバン+SUV」と言った、いわゆる家族みんなでアウトドアなどが楽しめるとして
三菱が自信を持って開発・販売する車であり、ファミリー層には特に高い支持を得ています。
そんなD5は現在「ベースモデル」「D5:ローデスト」「D5:シャモニー」と3種類のラインナップとされており、
それぞれ仕様などが異なります。そこで今回は「D5:ローデスト」について紹介していきたいと思います。

 

まずデリカD5とは

悪天候でもガンガン使えるタフな走行性能が魅力的なデリカD5。
D5はコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジンを搭載しており、
全域にわたりトルクフルな走りが体感できる他、吹き上がるような加速感が味わえる車です。
また、WRCラリーやダカールラリーで培った4WD技術を採用しているので四駆性能をバランスよく
最大限に発揮するので、悪路などオフロードでの走破性能はバツグンです。

 

デリカD5・ローデストの特徴

通常のD5とは違いスポーティモデルであるということがこの車の特徴で、
このモデルは4WDの迫力あるボディに「フロント」、「サイド」、「リア」すべてに専用エアロパーツが装備されており、
よりスポーティさが感じられるエクステリアとなっています。
また、アルミホイールも18インチアルミ(マッド&スノー)や、専用設計のサスペンションを装備するなど、
走りにおいてもスポーティに特化したモデルがローデストの特徴です。

 

ローデストのここに注意したい

D5とローデストの大きな違いは見た目ということは先程も記述したとおりです。
通常モデルと違いローデストは大きめなエアロパーツが装着してあるモデルですので、
通常モデルと比べると地上とのクリアランスは狭くなります。
D5を買い求める人の殆どが積雪の多い地域だったりアウトドアなどを楽しむなど、
そういった人が多いですからローデストの場合、少々使いづらい面も考えられますので、
そのようなデメリットがあるということも念頭にいれておきたい部分です。

 

雪道走行が多い人はシャモニーがおすすめ

ローデストはスポーティに特化したモデルですが、現在特別仕様車としてシャモニーが販売されています。
このシャモニーはローデストと違い豪雪地域やウィンタースポーツなど、冬場に最も活躍してくれるモデルで、
路面状況や走行状況に応じて前後輪の駆動力配分を適正化する電子制御4WDですので悪路走破に適しています。
D5本来の特性を愉しむのであれば、シャモニーの方が適していると言えるでしょう。

 

 

デリカD5値引きの為にやっておきたい2つのこと