MENU

デリカD5が2017年にフルモデルチェンジ!どう進化するモデルチェンジしたデリカD5 !!

一見ミニバンと同じような印象のデリカD5ですが、この車は他のミニバンとは少々違った特徴を持つ車で、
「リブボーンフレーム」と呼ばれるフレームを用いて荒れた路面やアウトドアなどにもガンガン使えるタフな車なのです。
また、この車は静粛性にも優れているので、小さいお子さんのいるファミリー層などにも高い支持を得ているのです。
そんなデリカD5も現行が発売されてから今年で8年目となり、フルモデルチェンジの時期も来年ということがどうやら濃厚な様です。

 

ということで、8年ぶりとなるフルモデルチェンジでデリカD5はどう変わるのか!?詳しく見ていきましょう。

 

新型デリカD5の名称は?

新型へとフルモデルチェンジがおこなわれ、名称も「デリカD6」になると思われる方も多いかと思われますが、
元々「D5」というネーミングは、現行モデルで5代目にあたることからD5と名付けられたものであり、
その後「D2」、「D3」と小型ミニバンが登場したことで、ミニバンシリーズの車格を順に表す「D2」「D3」「D5」となりました。
すなわち、車格の変更がおこなわれない限り、「デリカD6」という名称にはならないという事は確かです。

 

エンジンの性能はどうなるのか?

現在では現行モデルに搭載されている2,000cc〜2,500ccの直列4気筒のガソリン仕様と、ディーゼルの両種が固いと見ています。
ただ、現在搭載されているターボチャージャーは世界シェアの2割を超える三菱重工業が製造している高性能ターボエンジンですので、
ひょっとしたらエンジンサイズを2,000ccまで小型化し、その分をターボエンジンに変更してくる可能性も考えられます。

 

気になる外観の予想とは

現在ではハッキリとしたコンセプトカーやテストカーなど確認されてはいませんが、情報によると
グリルを中心に、左右と下側から包み込むようなデザインで、新世代三菱自動車共通のデザインモチーフともされている
「ダイナミックシールド」を採用してくるのは確実ということで、eX Conceptのような外観になるのではないかと予想されています。

 

最後にデリカD5の次期モデルについてのまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はデリカD5の新型モデルについて紹介してきましたが、2017年に新型が登場するというのは濃厚のようですが、
時期までは確認出来ていませんのでハッキリとは言えませんが、世界でミニバン唯一のオフロード性能と高い居住性を併せ持つ車です。
フルモデルチェンジ後はさらにボディを強化し、悪路の走行性能を高めるとも言われておりますので、
来年、新型モデルとなって登場する日が待ち遠しいですね。

 

 

デリカD5値引きの為にやっておきたい2つのこと